鎮静剤を打って大腸内視鏡検査を受けた体験談

去年の秋からお腹が痛かったりゴロゴロムカムカしたりしていて、ちょっと気になっていました。
最初は近所のクリニックに行っていたのですが、そこでもらった薬を飲んだらすごいお腹痛くなり薬は止めました。

その後様子を見ていたのですが、たまたま健康診断で引っかかった項目があり、再検査のついでにまた相談し、思い切って内視鏡検査をすることにしました。

昔から暴飲暴食、ジャンクフード大好きでしたので、胃と大腸は気になっていました。
どちらも15年程前に受けた経験はあるのですが、やはり大腸の下剤はイヤですね。

前日は1日検査食。
でも大好きなコーヒーは飲んでもOK!これは嬉しいです。
夜、下剤を飲むのですが、夜中にすごい腹痛で2回トイレに行きました。

検査当日、紹介してもらったクリニックへ。クリニックで下剤を飲みました。
美味しくなっててビックリ。ポカリみたいで、室内が乾燥していてちょっと暑かったのでガブガブ飲んでしまいました。

でもトイレとお友達はツラいです。
検査はちょっと早目に始まりました。

まず胃カメラから。
なんだか緊張してきて、ドキドキしてきたところに丁度良く鎮静剤が効いて来て、眠りにつきました。

目覚めた時は、ちょうど大腸内視鏡検査の終盤でした。
モニターが見えて、ポリープみたいなのが見えました。

あ、これポリープだな、と思ってみていたら、丁度切除するところだったようです。
よくテレビで見る内視鏡ポリープ切除術です。

まさか自分が体験するとは・・・。
そのまま無事、大腸内視鏡検査は終了し、1時間位休みました。

参考:大腸内視鏡検査を人間ドックで受けてみた体験談

その後先生の診察。
胃は軽度の逆流性食道炎。腸は4ミリのポリープ。と軽度の内痔・・・痔かよ・・・
ポリープはそのまま病理に回され、2週間後結果が出ます。

ガン化されるようなポリープではないようなのですが、ちょっと不安です。
これから年1回の内視鏡検査が欠かせなくなりそうです。
でもガンがなくて安心しました。

大腸内視鏡検査が人間ドックで人気

健康を気にしている人は、大腸内視鏡検査などで体の内部を調査します。
そういった調査で新しい病気も発見できるので重要になっています。

人間ドックでは体に潜んでいる病気を発見できるので人気を高めています。
現在では体を調べるために高度な設備を専門施設に導入しています。

人間ドックを予約したユーザーはその設備を身近に体験して結果を得ます。
結果によっては更に入念な調べものをすることにもなります。

今の人間ドックは優れた内容なので高確率で病気などの異常を発見できます。
間違いが少ないので利用するユーザーが高く評価しています。

こういった場所を使うユーザーが求めるのが的確な今の体の状態です。
何かの病気を発見することで人間は素早く治療に移れるのです。

近年では様々なタイプの人間ドックが登場して話題を高めています。
人気の大腸内視鏡検査は今でも多くの利用者がいます。

病気を早く発見することが、一番効果的な治療になるので重要だと考えられます。
人間ドックの存在は、今では更に魅力的な内容になっています。

そこでは低価格で最高の検査ができるのでメリットが感じられます。

ユーザーは常に病気を心配するよりはこういった場所で検査をすることを望んでいます。
検査で異常がなければ落ち着いた生活に戻れるのです。

ボーナスが減って住宅ローンを払えない人の割合

住宅ローンの返済にボーナス時の返済を組み込む人は少なくないと思います。
ボーナス時にたくさん返済をすれば、毎月の返済額を少なめに抑えたり返済期間を短くすることができるからです。
しかし、我が家では住宅ローンのボーナス返済は利用していません。
ローン利用時に先々のボーナスがどうなるか分からなかったので、安全策を取った為です。

そして実際、現在のボーナス支給額はローン実行時と比べると激減してしまっています。
結果的にボーナス払いを利用しなかったことが功を奏しているというわけです。
近年の経済状況はとても不安定で、急激な業績悪化でボーナスが大幅にカットされてしまう企業も少なくありません。

身の回りでもボーナスの変化によってローンの返済が苦しくなってしまったという話をしばしば耳にします。
ローン実行時にはある程度の金額のボーナスが支給される企業に勤めていたとしても、長い住宅ローンの返済期間中にはボーナスが激減してしまう可能性は否定できないのです。
年間の返済額をできるだけ多くする為には、ボーナス払いを併用することはとても効果的な手段です。

しかしボーナスは必ず支給されるとは限りません。
勤務先の業績の変化による収入の変化にもきちんと対応できるように、ボーナス払いの併用には充分な注意が必要です。
最悪、ボーナス払いを中止して期間延長という手段もあります。

参考:住宅ローンを払えない人の割合は?

頭金なしで住宅ローンが払えない人の割合

頭金なしという事は、それだけ住宅ローンの返済額として残っている部分が多いということを意味します。
つまり、返済にかかる期間も長くなりがちですから、それだけ利息負担も増えることになり、リスクも増大します。
返済期間が長くなればなるだけその間に買った家の価値がどんどん下がっていくため、例えば30年後にローンの返済が厳しくなったとして、家を売ろうにもほとんどお金にならないようなケースがあります。

そうなると、借金だけを抱えることにもなりかねません。
だからこそ、住宅ローンの返済期間は、できるだけ短期間であるべきなのです。
そして現実的に返済ができそうな家庭が、返済ができそうな金額を借りるというのが良いのです。

住宅ローンは頭金なしでも利用はできます。
でも、その場合は残っている金額が単純に大きくなってしまいます。
将来的に払えない状態が発生するリスクが、頭金ありのケースよりも大きいということは理解しておきましょう。

埼玉県さいたま市の切手買取なら専門店がおすすめ!

切手収集を趣味としていた人にとって、趣味家、あるいはショップとの取引で、1枚あるいは数枚づつ入手するケースは確かにあります。
しかし、むしろ印刷ミスといった特殊なレア価値が付くものを、シート単位で入手・保管しているケースの方が目立つのではないでしょうか。

それらは劣化や破れが生じない様、大抵の場合専用の収納ブックやクリアファイルに収めるもので、やがてそれらの趣味が薄れたり整理したくなった場合、買取査定に出す事となっても何かと有利なものです。

参考:さいたま市の切手買取業者でおすすめは?

買取査定を目的として、さいたま市の切手買取の専門業者に持ち込む場合も楽に携帯でき、大変便利な上、肝心の中身を破損させる心配が全くありません。
同時にクリアタイプのファイルブックであれば鑑定もし易く、いくら大量に持ち込んでも査定に掛かる時間はそれ程長く掛からないものなのです。

そして何より、速い段階からそれら丈夫なファイルに収納していたという事実が、大事な切手の品質を保全する何よりの証拠となります。
当然そのまま査定を依頼した方が高い査定額を出してもらえる可能性が高まるのです。

もし、さいたま市のの自宅にその様な状態の古切手が大量に眠っており、今後コレクションや観賞の予定や欲求も無いのであれば、そのままの状態で買取業者に持込み査定を依頼してもらう事をお勧めします。
思わぬ高額査定に驚く瞬間があるかも知れません。

借金地獄で死にたいと思った体験談

私はお金の事で本当に嫌になって、死んでしまいたいと思ったことが何度もありました。
それは数年前のことになるのですが、当時は仕事を退職し、かなり自暴自棄になっていたこともあって、ギャンブルにハマってしまいました。
そのために私は貯金を全て使い果たし、やがてはギャンブルのために、消費者金融でお金を借りるという一番してはいけないことをしてしまいました。

そして、私は何の計画性もなくただギャンブルのために借りた影響で、借金がどんどん増えていって、やがて返せないような金額になってしまいました。
私はそのときの自分のしていた愚かな行いに嫌気がしました。
なかなか返せない借金で本当に死にたいと思いました。。

しかし、借りたものはやはり返さなくてはなりません。
私は仕事を見つけ、今度はギャンブルなどはせずちゃんと返していこうと思いました。
それから働くこと二年、何とか借金を返済することができました。
あの当時は地獄で、本当に苦痛でした。

自業自得でしたが、自分自身にも支払いにも嫌気がさして、死にたくなったあの日を今でも思い出します。
正直もう二度と借金漬けの日々には戻りたくないです。
あのときの教訓を生かして、これからは借入を作らない生活を心掛けていきます。

参考サイト:借金で死にたい?そんな必要はありません!

闇金からの借金で死にたいけど死ねない

私は脱サラを決意して、長年の夢だった弁当屋を開業しました。
最初は地域に唯一の弁当屋ということで儲かりましたし、地域住民との関係もうまくいっていました。
しかし、相次ぐコンビニエンスストアの開店によって、日に日に客足は遠くなってしまいました。

ある月、赤字を叩き出してしまいました。
最初は消費者金融や銀行系カードローンで借金しましたが、自転車操業は長く続きませんでした。
そしてついに、闇金融に手を出しました。

そこは地域ではかなり有名な闇金融でした。
とあるデパートと、無茶苦茶理論で土地の所有権を争ったり、張り紙等々の嫌がらせをしたり、酷いところでした。
それでも、そこ以外に頼るすべが私にはなかったのです。

借金金額は300万円でした。
特に借金返済の見込みはなかったのですが、それでもほんの少しずつ客足が戻って来ていたので、淡い期待を抱いてしまったのです。

半年後、結局返済はできなくなりました。
もう死にたいと思うようになりました。

また法外の金利だったため、闇金への借金返済額は450万円を越えていました。
返済するお金が不足して、店を閉めて隠れていると、電話はじゃんじゃん鳴り響き、シャッターには罵詈雑言の書かれた張り紙を毎日のように張られました。

私は、夜逃げしました。
死にたいけど、死に切れませんでしたから。

弁護士に相談すれば良いといった意見もあるでしょうが、そんなことをしたら何をされるかわからないと思ったのです。
結果的に見知らぬ土地に引っ越して来て、今は平穏に暮らしています。

ただ結局返済することもできずに逃げて来たので、闇金に見つかったらどうなるのだろうと日々怯えて過ごしています。