住宅ローンを払えない人の割合

住宅ローンの返済にボーナス時の返済を組み込む人は少なくないと思います。
ボーナス時にたくさん返済をすれば、毎月の返済額を少なめに抑えたり返済期間を短くすることができるからです。

しかし、我が家では住宅ローンのボーナス返済は利用していません。
ローン利用時に先々のボーナスがどうなるか分からなかったので、安全策を取った為です。

そして実際、現在のボーナス支給額はローン実行時と比べると激減してしまっています。
結果的にボーナス払いを利用しなかったことが功を奏しているというわけです。

近年の経済状況はとても不安定で、急激な業績悪化でボーナスが大幅にカットされてしまう企業も少なくありません。

身の回りでもボーナスの変化によってローンの返済が苦しくなってしまったという話をしばしば耳にします。
ローン実行時にはある程度の金額のボーナスが支給される企業に勤めていたとしても、長い住宅ローンの返済期間中にはボーナスが激減してしまう可能性は否定できないのです。

年間の返済額をできるだけ多くする為には、ボーナス払いを併用することはとても効果的な手段です。
しかしボーナスは必ず支給されるとは限りません。

勤務先の業績の変化による収入の変化にもきちんと対応できるように、ボーナス払いの併用には充分な注意が必要です。
最悪、ボーナス払いを中止して期間延長という手段もあります。

参考:住宅ローンを払えない割合は?

頭金なしで住宅ローンが払えない人の割合

頭金なしという事は、それだけ住宅ローンの返済額として残っている部分が多いということを意味します。
つまり、返済にかかる期間も長くなりがちですから、それだけ利息負担も増えることになり、リスクも増大します。

返済期間が長くなればなるだけその間に買った家の価値がどんどん下がっていくため、例えば30年後にローンの返済が厳しくなったとして、家を売ろうにもほとんどお金にならないようなケースがあります。

そうなると、借金だけを抱えることにもなりかねません。
だからこそ、住宅ローンの返済期間は、できるだけ短期間であるべきなのです。

そして現実的に返済ができそうな家庭が、返済ができそうな金額を借りるというのが良いのです。
住宅ローンは頭金なしでも利用はできます。

でも、その場合は残っている金額が単純に大きくなってしまいます。
将来的に払えない状態が発生するリスクが、頭金ありのケースよりも大きいということは理解しておきましょう。